タバコは良くない?

AGAの原因と治療法にはどのようなものがあるのでしょうか。

安心のAGA治療とその種類について詳しく知っておきましょう。

よくタバコというのは健康を損なう恐れもあるし、薄毛やAGAの原因にもなっていると言われています。

では、なぜここまでタバコというのは薄毛とかAGAの原因になってしまうのでしょうか?

実はタバコを吸うということは、よく言われることではありますが、タバコの中に含まれているとされているニコチンが大きく影響を与えるとされています。

ニコチンは健康や体、果ては薄毛やAGAにも影響すると言われますが、どのようにニコチンが作用するのでしょうか?

ニコチンというのは、その作用というのが血管に影響を与えるのです。

しかもいい影響を与えるのではなくてニコチンで血管は収縮してしまい、血管が収縮することによって、もちろん血液の流れ…循環というのは悪くなってしまうのです。

血管、血液の流れが悪くなるというのは、体の一部で起こるのではありません。

当然ながら、体はもちろんのこと大事な毛髪の根幹である頭皮の血流だって悪くなってしまうのです。

頭皮の血流が悪くなるという事は…もちろん抜け毛イコールAGAの原因となってしまうのは目に見えています。

このようにタバコを吸うという事は、ただタバコを吸っているだけでなく、その事によって血管は知らず知らずの間に収縮してしまうことになり、それが頭皮の血流まで悪くしてしまい、結果的にAGAや薄毛を自ら招いてしまう原因となってしまうのです。

まずはいきなりやめるのではなく、本数を減らすことから始めてみるといいのではないでしょうか。